スイリフィリック!

ミステリの感想ブログ

白井智之『東京結合人間』感想 - グロテスクなほど緻密に計算された特殊設定本格ミステリー

白井智之『東京結合人間』読み終わった。白井智之は処女作となる『人間の顔は食べづらい』が第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補となり道尾秀介、有栖川有栖の激賞を受けてデビューした作家である。作風はエロありグロテスクありの非常に露悪的な文章が特…

二階堂黎人『増加博士の事件簿』感想 - パズルのようなショートショートミステリー

二階堂黎人『増加博士の事件簿』読み終わった。「大変です、増加博士。事件が発生しました。」 「老体の儂をこんな荒野まで呼び出すことは何事じゃ。」 ジャパリパークへと呼び出された増加博士は、息を切らせながら言った。 「殺人事件です。1人の女性が刺…

連城三紀彦『六花の印』感想 - ミステリ好きだけでなく恋愛小説好きにもオススメできる短編集

連城三紀彦『六花の印』読み終わった。連城三紀彦は本格ミステリ的な巧みな伏線や逆説的などんでん返しなどを多用しながら、繊細で機微に溢れる情感を描いた作家として有名である。惜しくも2013年に亡くなってしまったが、没後、連城三紀彦がミステリー界で…

エラリー ・クイーン『エラリー ・クイーンの冒険』感想 - 本格ミステリ短編のお手本

エラリー ・クイーン『エラリー ・クイーンの冒険』読み終わった。以前から発売されていた短編集なのですが、今回は中村有希の訳で新しく発売されました。今どきの話し言葉に近付いている訳なので読みやすくなっていると思います。エラリー ・クイーンといえ…

早坂吝『誰も僕を裁けない』感想 - 社会派?な上木らいちシリーズ

早坂吝『誰も僕を裁けない』読み終わった。私の大好きな早坂吝さんの上木らいちシリーズの文庫化です。上木らいちシリーズを簡単に説明するとエロミステリーで、しかもミステリーの副菜としてエロが付属しているのではなく、エロがしっかりとミステリーの本…

竹本健治『ウロボロスの純正音律』感想 - 衒学的で遊び心溢れる本格?ミステリー

竹本健治『ウロボロスの純正音律』読み終わった。これでようやくウロボロス三部作を読み終わったわけなんですが、感想記事のサブタイトルを『偽書』ではアンチミステリー、『基礎論』ではウンチミステリーとしていました。そこで何とかミステリーというタイ…

早坂吝『探偵AIのリアル・ディープラーニング』感想 - 探偵は人工知能に取って代わられるか?

早坂吝『探偵AIのリアル・ディープラーニング』読み終わった。最近流行りのAIをテーマにした本格ミステリ小説です。作者の早坂吝さんは私の大好きなミステリー作家さんで、タイトル当てという前代未聞の本格ミステリ『◯◯◯◯◯◯◯◯殺人事件』でデビュー。その後…