青崎有吾『ノッキンオン・ロックドドア』感想 不可能と不可解の織りなす謎

青崎有吾『ノッキンオン・ロックドドア』読み終わった。平成のエラリー・クイーンとも称される青崎有吾の新シリーズ短編もの。動機など<不可解>をメインに解き明かす片無氷雨と、トリックなど<不可能>を解き明かす御殿場倒理の2人の探偵が活躍するという…

加藤元浩『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』感想 本格ガジェット満載の長編ミステリー

加藤元浩『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』読み終わった。※ 読むと真犯人が途中でわかってしまう恐れがあるネタバレが含まれているので注意してください作者の加藤元浩は漫画『Q.E.D.』シリーズの作者で、最近は小説家としても活動している。本作は元ア…

服部まゆみ『この闇と光』感想 再読するとガラリと印象が変わるミステリー

服部まゆみ『この闇と光』読み終わった。この小説をネタバレせずに紹介することは難しい。多少のネタバレを恐れずにいうのであれば、王女レイアとその父である王、そして意地悪なダフネの3人が織りなす耽美なゴシック小説、かと思いきや中盤から終盤に書けて…

城平京『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』感想 - 虚構の上に成り立つ論理【祝アニメ化】

城平京『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』読み終わった。前作『虚構推理 鋼人七瀬』は、虚構の論理で人々を信じ込ませるという興味深い設定で2011年の本格ミステリ大賞を受賞した。その後『虚構推理』は漫画化され、むしろそちらが本編扱いとなり、2019年に…

石持浅海『二千回の殺人』感想 - 商業施設でのテロを題材にしたクライムサスペンス

石持浅海『二千回の殺人』読み終わった。※ 少しだけネタバレを含むので注意。しかしミステリーではないので、記事を読んでも小説の価値は失われないものと思う。文庫化によって改題されているので注意。原題は『凪の司祭』。石持浅海と言えば、特殊環境にお…

P・G・ウッドハウス『ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻』感想 - 皇后美智子様がおすすめする英国ユーモア小説

P・G・ウッドハウス『ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻』読み終わった。皇后美智子様の84歳のお誕生日のお言葉で、天皇陛下の退位後に何をするかと尋ねられ、答えられたのが探偵小説を読むこと、そしてジーヴスシリーズを読むことだった。 公務を離れたら何か…

北山猛邦『千年図書館』ネタバレ感想 - 優しくて切ないミステリー短編集

北山猛邦『千年図書館』読み終わった。※ 完全なネタバレを含むので注意してください『私たちが星座を盗んだ理由』の続編とも言うべき短編集。前作と同様に、最後の数ページで物語の見方が一変するような仕掛けが施されており、その余韻が読み終わった後に強…