柾木政宗『NO推理、NO探偵?』感想

今日からこっちで感想書こうかなと思い立ち上げました。

そこまで造詣が深いわけでもないので気楽な感じで書こうと思います。

 

柾木政宗『NO推理、NO探偵?』を読み終わりました。

 

NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス)

NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス)

 

 帯に『「絶賛」か「激怒」しかいらない 』と書いてあるのですが正直絶賛でも激怒でもなく、でも賛否で言えば賛の方です。

 

最初の4編は推理力を失ってしまった探偵アイちゃんが推理をせずに犯人を探すという流れなのですが別に推理偏重な最近の本格ミステリ界へのアンチテーゼというわけでもなく、ただドタバタやっている感じです。

しかしミステリとしても完成度は低くないです。第三話の『旅情ミステリっぽいやつ』は脱力感のあるトリックがこの小説に良くマッチしています。

ただ東野圭吾の『名探偵の掟』や深水黎一郎の『大癋見警部の事件簿』など先行作品の方がミステリの弄り方は強烈です。

 

しかしやはりこの本の真価は最終章にあります。最終章では推理力を取り戻したアイちゃんが今までの事件を再推理し直すことで、やりたい放題だった4編のエントロピーが急に減少し、整然とした計算し尽くされた文章に見えてくるのです。

また最後の犯人当てもやりすぎなほどのメタなのですがその中にもしっかり本格に対する真摯な情熱のようなものが感じられます。

 

ライトノベルのようなふざけた文体や人を小馬鹿にしたような結末など読む人は確かに選ぶと思うのですが本格ミステリが好きな方なら楽しめるのではないかと思います。