北村薫『太宰治の辞書』感想

北村薫太宰治の辞書』を読み終わりました。

 

『円紫さんと私』シリーズの17年ぶりの続編です。
現実世界の17年が小説世界でも17年が経過し、「私」が大人になって結婚して中学生の息子もいます。
 
作中で太宰治の『女生徒』はある女性の日記をベースにして書かれた小説であることが述べられています。
本作品も殆どは北村薫自身が体験したことがベースになっていると想像します。
しかしながら『女生徒』と同様に、作者の豊かな表現力によってしっかりとした小説になっています。
 
幼馴染の正ちゃんとの小気味いい漫才のような掛け合いもファンには嬉しいです。
 
確かに『空飛ぶ馬』のような日常の謎のミステリではなく、文学評論になっているのでガッカリと言った意見もあるとは思うのですが
それでもこのシリーズは好きです。
 
また、ふたたびお目にかけられることを望んで。

 

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫)