新本格30周年記念アンソロジー『謎の館へようこそ 黒』感想

新本格30周年記念アンソロジー『謎の館へようこそ 黒』読み終わった。『白』の感想は下のリンクからどうぞ。

 

はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』

ディリュージョン社シリーズの書き下ろし短編。ミステリとしては軽い飲み口だが特殊設定を上手く使っていて、(自分を含め)このシリーズを読んだことがない人にも楽しめる。ただ消失の謎は良いが、焼失の謎は微妙すぎないか。

 

恩田陸『麦の海に浮かぶ檻』

直木賞受賞者の恩田陸さんらしい端正な文章。ただミステリ部分がいまいち。そもそもこのトリックは科学的に成立しないと思う。

 

高田崇史QED〜ortus〜 ー鬼人の社ー』

QEDシリーズの書き下ろし短編。神社の解説や雑学が小説の半分を占めているが個人的には興味深く読めた。ミステリ部分はほのぼのとした日常の謎で、これも新本格のアンソロジーを作るのであれば欠かせないものだろう。

 

綾崎隼『時の館のエトワール』

タイムリープものと思いきや。ミステリのアンソロジーに入っているので結末が予想できてしまい、この小説の醍醐味が失われているように感じる。最後になって新事実がどんどん明かされていくので本格でもないだろう。

 

白井智之『首無館の殺人』

この作者らしい容赦のないエログロ描写。不特定多数が読むアンソロジーにこれは向いていない気もするが。ミステリとしては悪くないのだけど、設定が『人間の顔は食べづらい』と同じような感じになっているのはどうだろう。これを読んで気に入った人が、他の作品も読んでみたいとなったときに意外性が半減してしまわないか。

 

井上真偽『囚人館の惨劇』

このアンソロジーの中では一番面白かった。このパターンはたまに見かけるが、構図を逆転させているのが上手い。大仕掛けを成立させるための伏線の張り方も流石です。主人公と探偵の推理が真の結末への足掛かりになっているのも素晴らしい。

 

『白』と『黒』どちらか一方を選ぶとしたら『白』をおすすめします。『黒』はクセが強い作品があるので読む人を選ぶアンソロジーだと思います。

 

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)
 

 『館』の謎は終わらないー。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!