麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』感想

麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』読み終わった。感想を書きたいと思います。

まず麻耶雄嵩と言えば日本の本格ミステリの旗手とも言える作家で、今まで多数の本格ミステリ史に残る作品を出してきた。例えば、無謬の探偵メルカトル鮎が登場する『メルカトル鮎シリーズ』や、推理が一切なしで解決してしまう神様を探偵に据えた『神様ゲーム』『さよなら神様』、偽手がかりというキーワードを考え抜いた『隻眼の少女』などである。

しかし、最近は本格ミステリの極限に達したのか、本格ミステリらしさから離れたような少し異色な作品が多くなっている。本作の『あぶない叔父さん』もその一作であると思う。

本作では、霧に覆われた霧ヶ町で起こる殺人事件を「なんでも屋」を営んでいる主人公の叔父さんが解決するというストーリーになっている。短編集なので最後に大仕掛けがあると思いきやそういうわけでもない。しかし一筋縄で行くわけはない。もちろん仕掛けがあるのだが、ただミステリを読みたいと思って読むと少しガッカリするのではないかと思う。

本格ミステリを結構読んでいるか、麻耶雄嵩のファンの人にはこういう趣向も肯定的に受け止められるかもしれないが、そうではない人にはあまりオススメしない。

以下、各話についての感想をネタバレ含めて書こうと思う。



失くした御守
タイトルは失くした御守だが、消えた御守の謎ではなく殺人事件の謎です。そしてこれを読むと、この本の企みに気付くと思います。すなわち犯人が探偵である叔父さんだということです。
そしてミステリとしては微妙だと言った意味が分かるかと思います。それは、犯人が探偵役なのだから結局自白でしかないということです。
状況証拠や物的証拠を拾い集めて推理を組み立てて披露するというステロタイプ本格ミステリではありません。ただ伏線は張ってあります。それでも推理は難しい。この短編でも真相はかなり脱力ものになっています。

転校生と放火魔
こちらも叔父さんが犯人。ミッシングリンクものですが、叔父さんが介入することで事態は混沌としています。

最後の海
はいはい、叔父さんが犯人なんでしょと思いきや、叔父さんが犯人ではないという『意外』な短編。個人的には全て叔父さんが犯人の方が全体として綺麗だったのではと思います。しかしよくよく考えてみると、主人公の優斗に「叔父さんが犯人なんでしょ」と疑われたのが悲しくて疑いを晴らすために、事件を推理したのであって、その推理が正しいかどうかというのは本文中に書かれてはいません。実際は叔父さんが犯人で、それを他人におっかぶせたのではないかと疑ってしまう結末になっています。

旧友
再び、いや三度叔父さんが犯人です。トリック自体に無理がありますが、この本はトリックを楽しむのではなく、叔父さんをどうやって犯人に仕立て上げるかということを楽しむように読むと良いと思います。

あかずの扉
叔父さんが泥を塗りたくって石に化けるという三流ミステリのようなトリック。普通のミステリでは使えないトリックでも料理次第では使えるんだなと感心します。

藁をも摑む
見た目がやばい叔父さんが学校に入り込むというそれそのものが犯罪じゃないかと思う解決だが、最後の叔父さんの台詞が皮肉になっていて強烈な印象を残します。

叔父さんが犯人だと打ち明けられた主人公が、それでも叔父さんを優しいと信じ続けるところが何とも歪んでいます。これを気持ち悪いと思う人も多いでしょうが、この2人のサイコパスっぷりというのも、この小説の売りではないでしょうか。

また優斗の二股関係が最後どうなるかは本文で語られてないですが、とても気になります。続編があったら是非描いて欲しい。

あぶない叔父さん (新潮文庫)

あぶない叔父さん (新潮文庫)

鬱々とした霧が今日も町を覆っている―。四方を山と海に囲まれ、古い慣習が残る霧ヶ町で、次々と発生する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の小さな離れに独居してなんでも屋を営む、温厚な叔父さんに相談する。毎回、名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが、最後に口にする「ありえない」犯人とは!常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ誕生!!年間ミステリ・ベスト10常連の奇才が放つ、抱腹と脱力の問題作。