竹本健治『ウロボロスの純正音律』感想 - 衒学的で遊び心溢れる本格?ミステリー

竹本健治ウロボロスの純正音律』読み終わった。

これでようやくウロボロス三部作を読み終わったわけなんですが、感想記事のサブタイトルを『偽書』ではアンチミステリー、『基礎論』ではウンチミステリーとしていました。そこで何とかミステリーというタイトルの括りで書こうと思い、本格?ミステリーとしました。
『ウロボロスの基礎論』感想
『ウロボロスの偽書』感想

前二作よりは、本格ミステリーらしい小説になっていると思います。煙突に頭を突っ込まれて死亡という『モルグ街の殺人』や紐で首を絞めて殺害という『まだらの紐』などの見立て殺人に、宇宙から神話、竹本健治さんらしい囲碁などの様々なジャンルに渡るペダントリー、そして実在の推理作家などが実名で登場して推理合戦を広げる趣向など、本格のエッセンスというものが存分につまっています。

しかし謎解きは、なんじゃこれと思うような人を食ったようなふざけた結末で、腹が立つというかあきれるというか、まあ普通に謎解きされるわけないよなあという諦念というか苦笑いというか、そんな感じで読み終わりました。まあミステリーではなくミステロイド(擬似推理小説)という名前がついてるので、別に良いんですが…やっぱりこの本は、本格ミステリ界隈のTBSオールスター感謝祭のようなワイワイ感を楽しめる人の小説でしょう。本格ミステリが好きな人でないと多分楽しめないと思います。オールスター感謝祭も芸能人に興味がない人が観ても面白くないのと一緒です。

ただ途中の暗号と詰碁は凄かったです。竹本健治さんの本領発揮です。ここの部分だけでも読む価値があるかもしれない。3作目まで読んで気付いたというか思ったのですが、『偽書』は『ドグラ・マグラ』、『基礎論』は『虚無への供物』、『純正音律』は『黒死館殺人事件』がモチーフになっているんでしょうか?『匣の中の失楽』を書いた作者が、四大奇書の他の三作に関わる作品を書くというのはすごく贅沢です。『純正音律』まで読んで、私の好きな有栖川有栖さんが名前しか出てないのが少し残念でした。

長編マンガの描き下ろしの依頼を受け、竹本は古びた洋館“玲瓏館”の一室を借りて作業を開始した。怪しげな使用人たち、アシスタント陣、館に集まった錚々たるミステリ作家・評論家・編集者たちの面前で、突然『モルグ街の殺人』見立ての殺人事件が発生する。一同は早速推理合戦を開始するが―傑作実名推理小説

古色蒼然たる洋館で名作ミステリ見立て殺人発生!真相に辿り着けないままに第二の見立て殺人が起こってしまう。ミステリ作家たちは果たして犯人をつきとめ、新たな凶行を阻止できるのか!?重層する暗合、舞い踊るペダントリー、知的興奮の極。鬼才による作家実名シリーズファン待望の完結篇ついに文庫化!