佐藤究『QJKJQ』感想 - 殺人を通して人間を描く試みは成功しているのか?

佐藤究『QJKJQ』読み終わった。

猟奇殺人鬼の一家に生まれた少女が、あるきっかけから世界の見方を一変させられ、殺人、そしてそれを通して人間を描いていくミステリーである。第62回江戸川乱歩賞受賞作有栖川有栖今野敏が激賞した。最近の江戸川乱歩賞にあんまりいい印象がないのだが、とあるサイトでも熱心に勧めてくる人がいたので読んでみようと思った。

有栖川有栖選評
たとえて言うならば、これは平成の『ドグラ・マグラ』である。

今野敏選評
終盤の主人公の少女と実父とのエピソードには思わず落涙しそうになった。殺人そのものを突き詰めることで、人間を見つめている。脱帽だ。

有栖川有栖さんの小説はめちゃくちゃ好きだが、有栖川有栖さんの選ぶ小説は好きになれたものが少ない。ひょっとすると自身にないものを高く評価されているのかもしれない。本作もそれに漏れずあんまり好きになれなかった

最初は密室で兄が殺害されるという本格ミステリ的な雰囲気があり引き込まれたが、その謎を放り投げられ、与太話に近い話を聞かされ、最後は全員が自己解決して終わるという何がなんだか分からない小説だった。

(この部分はネタバレを含むのであらすじの後に記載します。)

文庫版の解説でも異常な褒め具合だ。

懐かしくも新しく、誰をも拒まぬ堂々たるエンタメでありながら実験精神に満ち溢れた佐藤究の小説は、全人類の進化に関わる。

さすがに言い過ぎだ。「人類の進化に関わる」はまず論外だが、「誰をも拒まぬ」というのもおかしい。全体的にグロい描写が多く読む人は明らかに限られるだろう。ここまで褒めちぎるのは本気で思っているのかと逆に疑ってしまう。

批判したが、それはハードルをあまりにあげすぎたせいだろう。期待せずに読めば、二転三転する展開に確かに読ませる小説ではあるし、ミステリーではないが家族小説としての面白さはある。

たとえ分かち合う相手がいなくとも、おまえがパンを引き裂けば、そこに誰かが現れるだろう。そのパンを受け取る誰かが。誰かの存在を消すために引き裂くのではなく、誰かを呼び出すために引き裂くのだ。

殺人を通して人間を描いたのではなく、殺人を通して家族を描いたというのであれば納得できる


QJKJQ (講談社文庫)

QJKJQ (講談社文庫)

女子高生の亜李亜は、猟奇殺人鬼の一家に生まれ、郊外でひっそり暮らしていた。父は血を抜いて殺し、母は撲殺、兄は咬みついて失血させ、亜李亜はナイフで刺し殺す。ところがある日、部屋で兄の惨殺死体を発見する。翌日には母がいなくなり、亜李亜は父に疑いの目を…。第62回江戸川乱歩賞受賞の長編ミステリー。


連続殺人犯、騒動殺人犯、猟奇殺人犯を全て包含するのが普通の人間というのは、どっかで既視感のあるような結論だし、そうだと言われても全然納得できない。じゃあ同じ普通の人間でも殺人と犯す人間と犯さない人間の差は結局なんなの?としか思えない。それっぽいことを言っておいて、結局大層なことは何も言っていない。これで人間を見つめているというのはおかしい。