有栖川有栖『幽霊刑事』感想 - ミステリー作家の紡ぐ切ないラブストーリー

有栖川有栖『幽霊刑事』読み終わった。

本作の冒頭は刑事の神崎が上司の経堂に「すまん!」と言われ射殺されるというシーンから始まる。須磨子との結婚を間近に控えていた神崎は、その無念さから幽霊となって蘇る。そして経堂はなぜ神崎を殺したのか、なぜ「すまん」と言ったのかという謎を解くワイダニットになっている。

しかし、途中でその経堂も何者かに殺され、一転して黒幕は誰かというフーダニットに変貌する。幽霊となった神崎は、物体に触れることができないので霊媒能力を持った早川に協力を仰いで、一緒に捜査を開始する。

事件の全体像(<伏せ字>交換殺人<ここまで>)は序盤の段階で見当がつく(ただし明かされるのは最後だが)。フーダニットに関しても作中で「決定的な証拠がない」と言わせている通り、自白に頼っているところもある。ただこれはとことん論理的にという矜持のためだろう。普通のミステリーであれば十分すぎるほど論理的に犯人を指摘している。また、経堂がなぜ殺されたか?という謎にはテクニカルで綺麗な解決が付いている。

ミステリー的にも面白いが、本作のもう一つのウリは切ないラブストーリーだろう。幽霊になって再会したが、相手は幽霊のことを認識できない。幽霊は最後には姿を消してしまう。切ない結末とそこに仕組まれた作者の演出を是非読んで確かめてほしい。

幻冬舎文庫の新版には、早川刑事にフィーチャーした短編『幻の娘』が収録されている。こちらは早川刑事が霊媒能力があることを肯定的に捉えて、刑事としての道を邁進していくキッカケが描かれている。ミステリーとしては弱いが、『幽霊刑事』の中でも魅力的な登場人物である早川刑事の後日談が読めるのは嬉しい。

面白いのだけど、ちょっと分量が多く、幽霊になった主人公の葛藤部分も長かったのが少しダレてしまった。また個人的にミステリーの部分でひとつだけ好きになれない部分があって、ちょっとスッキリしなかったのも事実ではある。あらすじの後にネタバレを書く。

[新版]幽霊刑事 (幻冬舎文庫)

[新版]幽霊刑事 (幻冬舎文庫)

夜の浜辺。刑事の俺は上司の経堂に呼び出され射殺。結婚を間近に控え成仏できず幽霊となった。誰も、恋人すら俺の姿が見えない。霊媒体質の後輩・早川刑事を除いては。彼の力を借り真相を探るうち経堂が密室で殺された。俺を謀殺した黒幕が他にいる!(表題作)他に早川刑事のスピンオフ作「幻の娘」を収録。恋愛と本格ミステリが融合した傑作。

経堂殺しは、幽霊が存在するように見せかけた蓋然性の殺人になっている。確かに探偵役の幽霊が犯人のようになってしまう演出は巧みなのだが、個人的に蓋然性の殺人というのがあまり好きではない。またいつ自殺するかもわからず追いつめるというのも逆に罪の意識に苛まれ自白してしまう可能性もあるので、いい方法でもないと思う。