柾木政宗『朝比奈うさぎの謎解き錬愛術』感想 - 恋に貪欲な女の子と奥手な探偵のライトミステリー

柾木政宗『朝比奈うさぎの謎解き錬愛術』読み終わった。

このブログの記念すべき?最初の記事は柾木政宗の『NO推理, NO探偵』だった。本作はその作者の第2作目のミステリーになる。メインの登場人物は、イケメンだけど冴えない探偵の望月迅人、その姉で警察官の望月弥生、そして迅人に好き好きアピール全開のストーカーの美少女・朝比奈うさぎである。朝比奈うさぎは殺人事件そのものには特別興味がなく、「迅人がうさぎのことを大好き」なことを証明する過程で殺人事件の犯人を指摘してしまうという趣向になった連作短編集になっている。

『NO推理, NO探偵』のようなコミカルな軽い読み口のミステリーでいて、最終話でこれまでの短編の伏線を回収しようとする姿勢は変わっていない。ただ『NO, NO』のような独創性や構成の巧みさはそこまで感じられず、最後の纏め上げも少し取ってつけたようになってしまっていた

個々の短編もミステリーとしては、特別目新しいものではなく、少し論理の飛躍が大きい感じも受けるが、オーソドックスな本格ミステリといったところだろうか。家具などの配置が謎解きには重要になるが、文章だけでは分かりにくい部分もあるので挿絵があればもっと良かった

キャラクターに関してはアニメらしいというか、うさぎに好かれているからか少年漫画的な草食系主人公で、そういう展開も狙ってそう。うさぎの過去には何やら秘密があるみたいなことも最後には明かされるし、シリーズものの展開も予定しているのかなと感じる。

以下、あらすじの後にネタバレを含んで各短編の感想を書く。

探偵の迅人は、ストーカーに悩まされている。とてつもなく可愛い朝比奈うさぎに。彼女は「迅人は私が好き」ということを証明する時にだけ驚異的な推理力を発揮する。行く先々で遭遇する謎多き殺人現場でも、いつも彼女の妄想錬愛術が炸裂して副産物的に犯人が判明してしまう。残念イケメン探偵と偏狂ストーカー美少女(自称婚約者)の助手による、新感覚ラブコメ本格ミステリ、開幕。

朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 (新潮文庫)

朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 (新潮文庫)

夜に訪れるもの
ワイヤーを知っていたのが夏川だけだから犯人という論理は、うさぎと弥生も知っているし、最大の容疑者の迅人も知っているので、これを決め手に夏川を逮捕できるとは思えない。犯人が死体を隠したのは、誰かが来たからで、その誰かは迅人だから彼は犯人ではないとするであれば、最初に迅人はバルコニーに上がっていたことを警察に言っておいた方が良かったと思う。自分から部屋を抜け出していたと言う犯人はいないという推測が成り立つ。

危険な遊園地
ブランケットを隠せたのはピーリィという推理は良いと思うけど、園内のスタッフも監視カメラの場所は普通全部把握してないと思うけどなあ。

無駄に終わった密室
糸の長さを実行者が下見したらあえて書き残さないというのは弱いように感じるが、メモはメールであり、なぜメールを送る必要があったのかというところは上手い。この短編はもう一個の暗号の方も優れている。

雪の中の温室で
前三編をまとめる最終編。大麻のところは流石にちょっと飛躍が過ぎると思うが、前三編の未解決部分も消化していたし、今までのうさぎの発言が迅人の謎解きのヒントとなる展開は良かった。