青崎有吾『ノッキンオン・ロックドドア』感想 不可能と不可解の織りなす謎

青崎有吾『ノッキンオン・ロックドドア』読み終わった。

平成のエラリー・クイーンとも称される青崎有吾の新シリーズ短編もの。動機など<不可解>をメインに解き明かす片無氷雨と、トリックなど<不可能>を解き明かす御殿場倒理の2人の探偵が活躍するという趣向になっている。

しかしながら結局のところ、不可解と不可能というものは個々の謎において不可分なものであり、むしろここで可分になってしまうような謎は魅力的でない。したがって、全ての短編において綺麗に役割が分担されているわけではない。結局のところ、キャラクターを特徴付けるような一つのアクセサリーのようなものだろう。

漫画化もされているので、キャラクターも魅力的。女性読者は、氷雨と倒理のやり取りに惹かれるかもしれないが、私のような男性読者は女子高生秘書の薬師寺薬子ちゃんの可愛さの虜になるだろう。また穿地警部補もかっこいい。アニメ化も視野に入っているかもしれない。

そして奇妙な人間模様が続編を期待させる。ゼミの仲間だった4人のうち、2人(氷雨と倒理)は犯罪を暴く側になり、1人(穿地)は犯罪を捕まえる側になり、そしてもう1人は犯罪を作り出す側になっている。この4人の関係がどのように変化していくのか楽しみで仕方がない。ミステリー自体に興味がなくても楽しめるフックがたくさんある。

そしてもちろんミステリーとしても一部にちょっと納得できないようなものもあるにはあるが、全体的に完成度は高い。以下、各短編の感想。

ノッキンオン・ロックドドア
表題作。最初の短編だけあって不可解と不可能が綺麗に融合していて、謎もその謎解きも魅力的な短編。

髪の短くなった死体
構図の反転がとても鮮やか。

ダイヤルWを廻せ!
殺人事件と開かない金庫の謎のリンクは面白いのだが、金庫の方はすぐに気付くと思う。文章を読んでいるだけでもトリックが分かってしまったので、実際実物を見てる探偵がそこまで気付かないのは違和感。

チープ・トリック
発想の転換というか解決策がシンプルだけに美しい。

いわゆる一つの雪密室
古典的な雪密室ものだが、最後の倒理の謎解きは少し無理があるように感じた。

十円玉が少なすぎる
『九マイルは遠すぎる』のオマージュ。『十円玉が少なすぎる』という見知らぬ人の言葉から推理を巡らせていく。このタイプの小説は個人的に好き。しかし、十円玉といえば真っ先に公衆電話が思い浮かぶと思うのだが、最近の人は違うのだろうか。

限りなく確実な毒殺
手品のような印象すらあるトリックで面白いのだが、毒の種類が特定できた時点で警察にもすぐ看破できそうではある。

密室、容疑者全員アリバイ持ち、衆人環視の毒殺など「不可能(HOW)」を推理する御殿場倒理と、理解できないダイイングメッセージ、現場に残された不自然なもの、被害者の服がないなど「不可解(WHY)」を推理する片無氷雨。相棒だけどライバル(!?)な探偵ふたりが、数々の奇妙な事件に挑む!

ノッキンオン・ロックドドア (徳間文庫)

ノッキンオン・ロックドドア (徳間文庫)